Ⅰ:First Reason
歌詞
Ⅱ:Apocalyptic Overture
Instrumental
Ⅲ:Wanna Kill You
歌詞
Ⅳ:Violation
歌詞
Ⅴ:Chain In Prison
歌詞
Ⅵ:Happiness In Obliteration
Instrumental
Ⅶ:Gonna Kill You
歌詞
Ⅷ:Finale
Instrumental



解説
 Flashbackシリーズの前編に当たるのが今回の
パート1(The First Reason)である。
シリーズはパート1Apocalyptic Overture以降の『第1幕 Mom Side』、
パート2の『第2幕 Yuki Side』、『第3幕 Yuka Side』の3部編成となっている。

Part1登場人物
 優花(主人公、シンガーソングライター)
 優花の母(本人は『ママ』と呼ぶ)
 ママの愛人(本人は『パパ』と呼ぶ)
 八木(ヤギ)(優花の実の父)
 人狼(ヒロ)(ママの幼なじみで破局後一方的に好意を寄せる)
 
 ストーリーは優花のネットラジオの最終回の通達から始まる。
優花はそこで『なぜ自分がこんな人間になったか』という全ての秘密を
彼女自身が作った曲(第1幕から彼女の作品という設定)
で暴露していくというものである。
 第1幕が始まり、ここからは優花の母(以降彼女と記述)が辿った運命が語られる。
 彼女は学生の時にヒロと付き合っていたのだが、幼なじみとは思えないほどに、
知れば知るほど性格が苦手であるという事実を知っていき、
その挙句にヒロに別れを切り出し二人の関係は終わったかのように思えたが、
ヒロはその後、よりを戻そうと付きまとい始める。
 社会人になってからのこと、彼女の前に魅力的な男性として八木が現れる。
二人はうまくいき、婚約し子宝にも恵まれるのであるが出産前に入院していた病院で
八木がここの医師、しかも彼女の担当医と浮気しているらしいという噂を耳にし、
さらにその医師とともに、立会い出産に八木は現れなかったのである。
その後に八木を問いただすと噂は的中していたため、2人は離婚するのである。
 やがて彼女の子供には彼女自身によって『勇木(ユウキ)』という名前が付けられた。
 彼女は再び魅力的な男性に出会うも、彼はDV男であった。彼女は逆らえずに勇木
が殴られているところをただ見ていることしかできなかった。
 そんなある日、匿名の通報によって彼女とその彼は警察へ、勇木は児童保護施設へと
離れ離れに生活していく。
 比較的罪が軽く済んだ彼女は、のちに釈放されるがそれを隠れて待ち伏せしていたヒロによって彼女は殺害、
ヒロも後追い自殺をするのである。
 そこまでが終わってFinaleで第1幕が幕を閉じる。